GR blog

2019/10/23

変人採用始めます。

「変人」だなんて、なんだか怖い…、そう思った方、ちょっとお待ちください!
私たちが行おうとしている変人採用とは、なにもおかしな人を採用しようという意味ではないのです。

GRには、会社の「文化」として大事にしていて、これからも育てていきたいこととして「多様性」があります。
そんな気持ちからの「変人?」大募集、まぁ、最後まで読んでみてくださいな。

求める人物像:変(化を求める)人

GRは、「決められた仕事をレールに沿ってこなすことに喜びを感じる人」より、GRを通じて社会と前向きに関わり、「周囲と自分を変えて、成長させたい人」にとって居心地の良い場所にしたいと考えています。

確かに、仕事における要求水準は決して低くありませんし、人によってはプレッシャーを感じることも少なくないでしょう。しかし、だからこそ顧客も真剣に我々を必要としてくださいますし、同僚とのやり取りを含め、真剣勝負な毎日が、日々各自の成長を促していきます。

同業の方に、この業界は普通の仕事の3倍の成長スピードだと聞いたことがありますが、それだけに、大変さも喜びも含めて「その密度が3倍」という表現が正しいように思います。

また、実際自分がやってみて思ったことなのですが、高みを目指すうえでの大変さはあるものの、自分の成長を真剣勝負の日々から敏感に自身で実感できますし、周囲からもリスペクトをもって接していただけるこの仕事は、とてもやりがいを感じる機会が多いです。この仕事に巡り合えたことは、自分にとって本当にありがたいことだと思っています。

若い会社だからこそ環境もどんどん変化します

これから応募される皆さんやGRメンバー個人個人がそうであるように、GRという会社自体も、ますます変化していきます。

この度、SaaS型のハイパー病院マネジメントシステムの中の「加算だポン(KDP)」という、ブラウザだけで見られるクラウドWEBツールをリリースしました。GRでの働き方も、これまでのコンサルティングサービス中心の営業スタイルから、ベンチマークサービスへ比重を移していく変化の真っ只中にあります。

また、人事制度についてや、GR風フレックス制度を取り入れたり、ITを活用した事務作業の効率化、残業削除の取り組みなど、形骸的な業務を極力減らすべくいろいろと取り組んでいます。

いかに生産性を高めて、それぞれが気持ちよく自分の仕事と成長に集中できる環境を作れるかを、日々真剣に検討中です。

みんなそれぞれの多様性を認め合える会社にしたい

というわけで、この度、GRでは、変化を求める人、略して変人を大募集します。
一概に、「変化したい人」募集と言っても、GRには「色々な人」がいてくれた方がいいと思います。

恥ずかしがり屋の人、恥ずかしがり屋なのに馬はかぶる人、すごく普通の人、普通にやってるつもりなのに変な人。色々な人たちが集まって、化学反応が起こったら、とても面白いことだと思うのです。

多様性が受容されて、煩わしい儀式的なものは排除された環境で仕事の成果と自分の成長に専念できる。そんな会社にみんなでGRを創っていきたいのです。

メンバー大募集に当たっての注釈事項

そんなわけで、皆さんにぜひともジョインしていただきたいのですが、これだけは守っていただきたいことというものが一つだけあります。それは、「みんなそれぞれの多様性を認め合える会社にしたい」ということです。

冒頭での述べましたが、GRでは「多様性」を大切にしています。変化を求めてやってくる人の中にもさまざまなタイプがいらっしゃると思います。そういった自分と違うタイプの異質なメンバー同士の化学反応とコラボレーションで、一人では成し遂げられない成果が生まれることがあります。

ですから、会社を・仲間を大切にし、助け合い、認め合う。
これをGRは大切にしていきましょう、と呼びかけたいです!

さて、長くなってしまいましたが、このような考え方に賛同いただける方にはぜひともお話だけでもさせていただければと思います。
こちらの採用情報ページからお問い合わせお待ちしております。

採用情報はこちら

あなたと共に、
未来の医療社会を創りたい

wanted

現在GRでは事業が急拡大しており、セールスコンサルタント、および病院コンサルタントを3名募集中です。

GRは、前向きで、挑戦が大好きな、好奇心旺盛な会社です。若い会社だけに、これからジョインしていただく皆さんの新しいアイデアも取り込んで、お互いに化学反応を起こしながら、GRをさらに良い会社にしていきたいですし、なにより、日本の病院が良くなる「提案」をしていきたいと、心から思っています。

せっかく一度の人生であり、相当の時間を費やす「仕事」だからこそ、胸を張って、汗をかいて、楽しみましょう!

採用情報はこちら

トップへ戻る